Skip to content

 

家電は繊細なメカニズムで出来ているため、最新家電であれば特に引越し時には注意が必要です。

 

トラブルとして多いのは、

  • 冷蔵庫であれば冷えなくなった
  • 洗濯機であれば、水漏れや音がうるさくなった
  • エアコンであれば冷房・暖房の効きが悪くなった
  • 液晶テレビは電源が入らなくなった

などです。

 

運搬方法のちょっとしたミスで故障の原因になるので特に自力引越しを検討している方は慎重に運んで下さい。

 

横倒し厳禁の家電は、上記で挙げた

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • エアコン

です。

 

冷蔵庫とエアコンの室外機は内部にコンプレッサーが内蔵してあり、傾ける事でオイルが逆流し、そのまま稼働させると潤滑油切れの状態になり故障の原因となります。

 

また、洗濯機は回っている部分(パルセータ)が宙吊りの状態になっているため、横にする事で中心軸がずれて結果上手く回らなくなる危険性があります。

 

対処法としては、横にせず立てて運ぶ事ですが、冷蔵庫は横にしないと通せない通路もあります。

 

その場合は斜め程度に留めて設置後は、半日程度は電源プラグを入れずに様子を見ます。

 

正常であれば、夏場で8~10時間程度、夏場で4~5時間程度で内部が冷えてきますので慌てず時間経過を見守りましょう。

 

参照記事
冷蔵庫の引越しはやる事や注意点が多いので、確認してください。

 

洗濯機は、中心軸がずれると作動時にゴトゴトと大きな音がしますので、この場合は運搬時によるミスと断定できます。

 

もし、故障の場合は、メーカー保証は使えませんので、業者なら保険で直してもらうか、ご自身で運ばれた場合は家電店による修理が必要になります。

 

また、エアコンの場合は、個人での取り付けは故障の元なので運搬と共に業者にお任せして下さい。

 

ガス漏れやガスの充てんが甘く、取り付け後に効きが悪くなる事もあるので、どのような家電でもそうですが、設置後は出来るだけ早く動作の確認を行う事をお勧めします。

 

2017年10月6日 / ばあさん2